音楽

【偏愛】AmyWinehouseさんのことが好きすぎて忘れられない【1】

※編集中で、動画追加していきます もし、この動画いいよ!載せてよ!というものがあれば、一人でも多くAmyファンとシェアしたいので、Twitterのかんばら(@kambarablog)までご連絡ください。

 

私の周りの友人たちは、私がエイミー(Amy Winehouse)の事が大好きだったことをよく知っていたので、彼女が亡くなったと報道されて翌日の明け方だったと思う。数人から「エイミーが死んだ」とメールが来ていて、その朝は頭が真っ白になり、分からない何かに絶望したことを覚えている。ああ、人って頭が真っ白になるとこういう感じになるんだなぁ、本当に目の前が真っ白になるんだ、と。

大切な人だけれど、私からの想いは決して届かない有名人。

どうかどうか、穏やかな日を送ってほしいと願い続けていた人。

その朝、その願いが永遠に叶わなくなってしまったのだ。

もう2度と新しい曲は発表されない。ものすごく悲しい。

5年以上経過した今、エイミーの事はあまり思い出さなくなった。それでもたまたまランチを食べに洒落れたカフェに入った時、ボサノバにアレンジされたTears dry on their own を聴いたら、「原曲はエイミーだよ!」と言いたいし(元をたどればマーヴィンゲイとツッコまれそうだけれど、歌詞がエイミーのバージョンだから)、他の誰かがリハブを日本語で歌っているのを聴くと、やはりペラペラ感を感じてしまう。そうだ、今でも私は彼女の生粋のファンなのである。

(カバーの歌を批判しているのではなく、このリハブー原曲はrehabーは、ドラッグ中毒になってパパだって周りだって治療施設に行けっていうけどNOよ、家でレイチャールズの歌を聴いている方がマシよと歌っている歌なので、彼女以外の人が歌う事自体、ハテナと感じているのです...と思って日本人バージョンの歌詞を調べてみたら、楽曲だけ使用していて全く関係のない歌詞だった...)

私が当時、悲しくてかなしくて、普段使わないYoutubeで隅々まで音源を探し、彼女の歌を聴きまくって見つけたすばらしい音源の一部を他のみなさんが見つけやすいようにこのブログ記事に置いておく。

彼女の昔の歌声は、なにものにも代えがたく美しい。

(私の聴いている限り)彼女は2度同じ歌い方をしない。彼女の歌は生もののように生きていて、声が最高の楽器なのだ。その熟成された歌声がまだ20歳過ぎの女性の歌だと、信じられるだろうか。

彼女は、Back to Blackという2枚目のアルバムによって全世界で脚光を浴びたが、その頃にはもうドラッグにおぼれていて、精神的にもしんどい、ライブもぼろぼろ、声も(うまいけれど昔より)良くなかった。だがここに置いている音源のほとんどは、2枚目のアルバムがリリースされる前のものだ。まだふっくらしていて、ちょっと照れ屋で、服はスタイリストがついてなさそうなボディコンが多くて、ちょっとあぶなっかしくて、とてもかわいい。

音楽の完成度としては、マークロンソンのようなイケイケプロデューサーもついていない分シンプルに感じるかもしれない。そもそもライブはギター1本で回っていたりするので(エドシーランのようにエフェクターは使わない)ドシンプルである。それが逆に、なんともソウルフルでジャジーに感じられるのだ。

...と、こんな文字で語っても仕方がないので、少しの文字とリンクで彼女の軌跡の一部を辿ってみて欲しい。

Amy Winehouse Live at the Torrington 2003

これはたぶんイギリスのロンドン。ざらざらした映像しか残っていないけれど、その割に音声はしっかり残っている。特に6:00前後の高音の伸びが素晴らしいので聴いてほしい。

Amy Winehouse – Teach Me Tonight (Later Archive 2004)

何度も繰り返して聴きほれてしまう歌声。こんなに自分の歌にしてしまえる女の子、他にいるのでしょうか。

Amy Winehouse In My Bed Live Acoustic 2004

風が強い日に歌ってる歌。声の伸びとか、かっこよすぎてしびれる。ギターと声のセッション。

Amy Winehouse - Stronger Than Me (Later Archive)

これがファーストアルバムの1曲目。たぶん年上のちょっと子供っぽい彼氏の事を軽くディスってクスクスしている歌。

You sould be stronger than me (あなたは私よりしっかりしてなくちゃだめよ、みたいなニュアンス)

Amy Winehouse-You Sent Me Flying / Cherry

この5:17くらいから始まる裏トラックのようなCherryがすごくかわいい。Her name is Cherryから始まり、彼氏に「貴方よりもチェリーのほうがもう私の事を知ってるのよ。私の心が遠くに行っちゃったって思った?やきもちやいてるの?私の新しいギターに」と歌う、Cherry is Amy's new guiterというオチがついた歌詞の曲。これは生で歌っている音源は見つけられなくて、びっくりするぐらいCDを聴いた。

Amy Winehouse Best Vocals

最後になるが、私のようにAmyの事が好きで昔の音源をかきあつめて纏めている人がいたので、置いておく。(ブートレッグのDVDの音源なども含まれていて、グリーンのミニドレスを着ている部分は手に入れやすいと思う)

-音楽

© 2022 kambara blog